だめぽ人の日記

とにかく書きたい事を書きます

【キャベツの千切り】100均包丁でも出来る“引き包丁”(引き切り)の方法

キャベツ1玉97円!

すいません。
またしても『緊急企画』と称して、予定変更しました。m(._.)m
先ずは、大筋のYoutubeに初投稿した「ヘタクソ」な動画を見て下さい。

「きざみネギや玉ねぎのスライスなどを水に晒してはならない理由」は、この文章をクリックして飛んで下さい。m(._.)m

 

 

youtu.be


動機は単純です。
「高さのあるキャベツを一気に大量に切りたい!(手を抜きたいw)」
「高い包丁で無くても、今ある“100均包丁”で、何とか“引き包丁”(引き切り)の模倣をして楽をしたい!(何が何でも手を抜きたいw)」

※以降「“押し包丁”→“押し切り”」「“引き包丁”→“引き切り”」にします。
 こちらの方が、一般的な呼称みたいなので。
 “押し包丁”・“引き包丁”は、過去に教えて貰った呼び方です。(実際に習ってはいませんが)


残念ながら、腕が未熟なので(包丁がブレているとか、雑だとか)参考程度にしかならないかも知れませんが、“引き切り”自体は、十分試す価値があると思います。
100均包丁だと、さすがに極薄の“サラダ用千切り”とまでは行きませんが、玉ねぎならば、速攻でキレイ且つ極薄の“オニオンスライス”が出来ます。
一般家庭にある切れる包丁ならば、今回自分が失敗した高さでも“引く事”“テンポ”“速さ”を意識すれば、難なく切れます。
反対に“テンポ”に乗れないと、切れるモノも切れませんし、早くも切れません。
今回は、動画にもあった通り“お好み焼き”なので、別にもう少し太くても構わないくらいですw

20cmのお好み焼き

調子ぶっこいて、切り過ぎたせいで、実際に“半分強”使ったら、“20cmのお好み焼き”が出来てしまいました。(写真の見た目は18cmに見えますが、距離のせいです)
もう、これだけで腹がパンパンでした。
この上に、“天かす”を乗せて食べると、食感にアクセントがあって美味しい事も発見!
先に入れ忘れた“ケガの功名”でしたねw


話を元に戻して…
動画でも述べた様に、“押し切り”は、包丁を平行に使う為・・・・・・・・・、肘を引いた上に持ち上げる形になります。
だから、高さのあるモノを切る時は、大きくブレ易いのでスピードが出ません。
一方、“引き切り”は、主に肘から下を使うので・・・・・・・・・・・、ブレも少なく、本来ならば包丁の重さで切る事が出来ますが、今回のテーマは“100均包丁”なので、やや引きを大きく、そして動画では“バネの様に”と表現しましたが、“速さ”と言う“力”を生かして切ります。


上手い人の動画を見ると分かりますが、包丁の柄の方で切っているのは、そこから“引く”と言うのもありますが、“引き切り”は、高さがあると、包丁を振り上げる形になりますが、肘に近い柄の方なら、切るモノの高さで済みます。
今回は失敗に終わってますが、高さのあるキャベツでも、動作をもっと大きくすれば行けたと思います。
反対に、“押し切り”は、刃先から柄へ滑らせる様に切ります。
どちらも、“猫の手”に常に触れさせる事で、包丁のブレを無くして正確に切る為と、とケガ防止にもなります。
慣れない間は、セオリー通りに高さを低くして切るのが良いでしょうね。

後は、自分みたいに“力んで斜めにならない事”とか、切るモノは出来るだけ真っ直ぐ“包丁を出した位置に置く事”でしょうか。
今までも、今回も、包丁の傾きを調整して(ごまかして)千切りの幅を揃えてましたが、今調べたところ、若干、包丁を右(外側)傾けて切ると、垂直に刃を立てて切るよりも、モノが飛び散らないそうです。
確か、何かの料理教室でも言ってた気もしますが…完全に忘れてましたね。


今回、自分にアイデアを与えて下さったサイトです。m(._.)m
(一番最後のは違います)

引き切りについての簡単な解説(包丁が良く切れて羨ましいw)

www.youtube.com


こちらも分かり易いです。

www.youtube.com


飛ばしながら(早送り)でも参考になりましたw

www.youtube.com


店長(?)の飴と鞭の指導ですが(切っている人は完全に委縮してます…それでも凄い!)、1ランク上を目指すなら、飛ばさずフルで見て欲しい動画ですね。(店長の呟きが、意外と参考になりますw)

www.youtube.com


若干、セオリー無視ですが、前半はすっ飛ばして、後半の“引き切り”と“押し切り”の使い分けが参考になります。

www.youtube.com


いつか、自分も「切れる包丁を買うぞ!」と思った次第でした。
が、牛刀クラスになると、安くても7,000円で、上は青天井でしたが。(爆)

 



〇悲報!「ネギの小口切りの“引き切り”は、大失敗に終わった件


スーパー“BIG”で、処分品として“ネギ”が、1束で税込47円!!
普通は、1束(110g)が100円前後でしょう。
いつもなら、“Wants”の冷凍きざみネギ(150g)1袋で税込108円を買うトコですが、痛んだトコを取ってやってもホンの僅かだし、今回は2束(220g)94円分を購入して、“引き切り”の錆にしてくれるわ!と行き込んだまでは良かったのですが…

処分ネギ税込47円

もう、言うまでもありませんが、大惨敗そのまんまです。
“100均包丁”では、キャベツや玉ねぎの様にしっかり組み合わさっている訳では無いので、この“切れない包丁”では、バラけるだけで、全く太刀打ち出来ませんでした。

別のサイトで「後ろの方を輪ゴムで縛る」と言うのは「Good Adia!!」と思いましたが、これも、きつく縛り過ぎると逆効果で、結局切り口が“扇状”に広がります。
これは、ごく軽く固定する程度にしましょう。


ただ、“悲報”だけで済ます自分ではありませんw
せっかくなので、ネギの小口切りについて、簡単な説明をします。
切れて、長くて良い包丁をお持ちの方は、大量に束ねて(ネギの後ろは輪ゴム)ザクザクっと“引き切り”でも良いですし、やりやすい方法で良いでしょう。(どの方法もそうですが、出来れば、押し潰して繊維を傷めない方法で)

                                                                              
少し、話を戻した上、逸れたりもしますが、小口切りしたネギや、刻んだ長ネギ、スライスした玉ねぎを“水に晒す”と言う間違った常識が蔓延している様です。
ちょっと…いえ、かなり驚きました。(いや、マジで!)
ただ、自分の常識が“非常識”の可能性もあるので、ちゃんと調べましたが、これらの野菜は、揮発性が高く、栄養素が水溶性である為、やはり“絶対”にやってはいけません!!
きのこ類は、もっと繊細なので、泥が付いている分くらいは軽く洗い流し、他はせいぜい濡らしたキッチンペーパーで拭く程度です。
例外で、マッシュルームなど、滑りや酸っぱさを取る為、洗った方が良いきのこ類もあるようです。
ずぼらな自分は、基本的に“そのまま”ですがw

で、あくまで“持論”ですが、闇雲に情報(特にマスゴミ)や、自分の知識だけに頼ったり、世間の声高に言っている人に流される(特にネット)のでは無く、ちゃんと調べる範囲で調べる事、要はリテラシー”が大事だと思います。(何か、偉そうですいません)

なので、もちろん水に晒す理由も調べましたが、辛味(玉ねぎなどは目にもしみます)を除く為だそうです。
事実その通りで、効果もありますが、小ネギはその必要性すらありませんし、他の解決方法として「キッチンペーパーを敷いたトレイなどに広げて放置」と言う方法があります。
学生時代にバイトしていた居酒屋では、冷蔵庫に入れてましたが、1・2時間放置した後に冷蔵庫に入れるのが正解のようです。
玉ねぎについては、レンジを使う荒ワザもある様ですが、これじゃ日持ちしません。
「砂糖で揉む?」後で絶対に水洗いしますよね。

キャベツの千切りも同様です。
水に晒すと、水分を吸って“シャキシャキ感”が出る。
それも、その通りです。
ですが、やはり水溶性のビタミンCなどが流れ出るのです。
そもそも、“極薄”に切ったサラダ用キャベツに“ふんわり感”を求めても“シャキシャキ感”は必要ないと考えるのは、自分だけでしょうか?
一応「切ったキャベツを“冷水”にて5・6分晒したら、すぐに出しましょう」と言う事なので、“極薄”じゃ無ければ大丈夫かな!?って気もします。
それを、とあるサイトでは「1・2時間晒しても、栄養素は10%しか失わない」などと大嘘を流したり、平気で小口切りにしたネギを水に晒すとか「ちょっとは調べたり、考えたり出来ないのかな」と思います。
ホントに、“水に晒す”代わりに、この人達を“晒したい”ですね。(爆)
もちろん、やりませんが。(本当の悪党は別です)

ネットに流す以上、そこには“責任”が伴うと思うのです。(これは自戒も込めて)


と言う訳で、脱線した話を元に戻して…
上記の理由で、キャベツは鬼葉などの大雑把な葉を取り除いて“切る前に”水洗いして、キッチンペーパーで拭きます。(鬼葉なども食べたい方は、別途洗いましょう)
玉ねぎも、上下をカットして、水に晒しながら皮を剥くと剥き易いし、薄皮も取れます。
ですが、手早くやりましょう。
これもキッチンペーパーで拭きます。

ネギは、そのまま優しく洗いましょう

で、小ネギなどは、今回は“処分品”なので、痛んだトコを取り除いて、これも“切らずに”水洗いですが、ここでも痛んだ部分は、ヘナヘナに滑ってるので、ここでも除去して、余りゴシゴシ洗いません。
優しく手洗いしましょう。
洗い終わったら、キッチンペーパーで転がしたり、軽く叩いたり、バラしながら拭きます。
あくまで、ネギを潰さない為です。

ネギ拭き

切り方は、“100均包丁”なので、輪ゴムを使い、なるべくネギが“扇状”にならない様にして“押し切り”していきます。
切る束の太さは、包丁と自分の腕で、効率の良い方法で。
切れない包丁とは言え、繊維を潰す様なやり方だと痛むのも早くなるので、少し大げさに“押し切り”します。
それでも、“扇状”になって来るので、“奥”・“手前”・“真ん中”と、包丁の向きを変えながら切ります。
それでも“切れて無い部分”が出ます。
そんなのは、すぐに分かるので、後から切る用にどかして、少々の事は気にせず、ジャンジャン切りましょう。
短くなれば、輪ゴムは要りません。
後は、切り残しやらをまとめて、さっさと終わらせちゃいます。
切り残しやらは後回しにして、メインを先に切り終えてしまうのが、早い方法でしょう。

ネギを切った後の保存方法

保存方法ですが、100均で真空パックを買って持ってはいるのですが、丁度“冷凍ネギ”の袋(マジックテープ付)があったので、そこに詰めて冷凍しました。
固まった後は、ほぐしてやると、いつも使っている“冷凍ネギ”同様に使えます。
ちょっと違うのは、こちらの方が“香りが良い”と言う事でしょうか?

この後、また“BIG”で処分品として売られていたので、2束衝動買いしちゃったのは内緒ですw

 



〇超大変だった「動画制作」


まあ、“ユーチューバー”の皆さんや、ニコニコの投稿者の皆さんって、良くもまあ、動画編集しまくってますね。
って、自分も、今回は実験的に、そこそこの動画編集をやって見ましたが、これは大変過ぎです。
丸4日掛かっても終わりません。
ホントに「人生でも掛けているのか、アンタら!?」と言いたくなりました。

あ、喋っている声は、もちろん音声ソフトですが、フリーなのに“抑揚”を付けられる優れモノです。(多少のバグはありますが)
既に、2014年の11月で配布停止ですが、ある方法で探し出せました。
確か、Googleで検索を掛けて、“Yahoo質問箱”に答えが載ってました。
残念ながら、これ以上は言えません。(つか、何て検索したかとか、どう入手したかとか、かなり忘れちゃってます)
理由は、何らかの理由で残っているファイルが、公になれば速攻で消され、本当に欲する人の阻害になるからです。
ヒントで操作画面だけ出します。(文字だと、そこからバレます)

秘密

どうしても、無料で抑揚のある読み上げソフトが欲しい方は頑張ってたどり着いて下さい。
何と、歌も歌わせられるらしいです。
ただ情報では、ソフトを立ち上げる時に、ネットに接続している事が条件らしいですし、立ち上げた時に「バージョンアップしろ」と催促はされますw(クローズボタン以外は押しちゃダメ)
自分は、まだまだですが、使いこなせれば、かなり自然になりますよ。
発音バグは、違うフレーズで喋らせて、音声ソフトなどで合成するしかありませんが。

これだけで、丸1日は潰れました。
その頃になって、有料のソフトが大安売りしちゃってます。
「超悔しいですっ!」


アレもコレもってやってたら、全然終わりが見えませんでしたが、ようやくYoutube用のエンコードも終わり、今はテキストを打って準備してるトコですね。(09/16 AM05:35)
どうせ、3時間くらいしか寝れない身体なのですが、少し寝ます……

しかし、撮影時間はホンの僅かなのに、後の作業はどんだけ掛かっているのでしょうね?
とりあえず、起きたら“はてなブログ”に、このテキストを入れて成型し、下書き保存をして、動画を“Youtube”に初UPして、両方をリンク出来たらと思います。

 



ってな訳で、自称『緊急企画』でしたが、こんなアホでも人の為になったでしょうか?
まだAvidemux(今やver.2.0)の件やら色々ありますが、次は多分“小ネタ”“墓関係”になりそうです。
5月の“どいつもこいつも その3”は、いつやるんでしょう?(爆)
やり始めれば、すぐ終わるとは思うのですが…どうもすいません。m(._.)m
ホント、私生活も必要な事から下らない事まで大忙しなので。(かなりマジで)

 

ホトラ

亡くなった友人の実家に電話して、墓参りに行きました

実は、12日の従妹の叔父と叔母が火病った後に、亡くなった友人の実家に電話をしましたが、この日は不在でした。


改めて、13日の鹿野の叔母さんとの内容の無い長電話をさせられた後に、再び彼の実家に電話をしました。
この時は、たまたま仕事が休みだったらしく、ご在宅でした。


とにかく、ここでの失言は絶対にNGと思ったので、メモしたのを基本に話を進めました。

 

もしもし、SAKUMICHIと申します。
〇〇さんのお宅でしょうか?
自分は、〇〇〇さんの同級生だった者です。
今年の初めに年賀状の件で、お電話させて頂いた時に、初めて彼の死を知りました。
あの時は、動揺してしまいましたが、遅ればせながら改めてご愁傷さまでした。
今日、お電話させて頂いたのは、せめて線香だけでも上げに、ご挨拶させて貰いたいのですが、そちら様のご都合はいかがでしょうか?
それと、宜しければ、墓参りもさせて貰えたら幸いです。


まあ、メモ通りに事が運ぶ訳も無いので、後は失礼の無い様に正直に話すだけです。
「〇〇〇とは、どう言ったご関係でしょうか?」と聞かれたので「彼とは悪友みたいなモノで、学生時代は、ふざけて互いの足を蹴り合って、スネがぶつかり合って、二人でのたうち回ったり、運動会の1500mでは、ムキになってスタートダッシュをした彼に付いて行ってしまい、途中で2人ともバテて散々な結果になり、陸上部の同級に笑われたりした仲でした」


正月に電話した時は、年賀状もあったせいか覚えて居てくれてたみたいで「〇〇〇の事を覚えてくれてありがとうございます」と言う、もうね…「お願いだから、そんな悲しい事言わないで下さい」と言いそうになる程の事もおっしゃってたのですが、本当に仕事が忙しいらしく、少し余裕が無いのが分かります。


自宅に線香を上げに行くと言うのは、仕事の都合でやんわりと断られました。
自分の目的は、線香だけではありません。
彼が、どう生きて、どう死んでいったのか。
死より、どう生きたのか、それが知りたかったのです。
ですが、これは自分のエゴです。


「正直、自分には何も出来ないし、何をして良いのかも分かりませんが、彼の奥さんと子供にも年賀状程度は出したいので、ホントに宜しければ住所を教えては貰えないでしょうか?いや、無理なら無理で結構ですので」(ほぼこんな感じでしたね)
「えっと、勤務先に行かないと、正確な住所が分からないけれど、今も性を変えず、子持ちで大変だから、〇〇〇の市営住宅に暮らしていますよ」


これだけで、あいつがどれ程、家族を大事にしていたか分かります。
女性は、法律が変わって無ければ、性を変えても半年間は結婚が出来ません。
それ以前に5年も彼の事を想い続けているのです。
自分には、亡くなる直前(2012年)の正月に住所を聞いた時、毒ばかり吐いてた癖に。
その内容は後ほど。
お墓の場所は、すぐに教えて貰えたので、昼の15時を回ってましたが、すぐに準備をします。
自分も気を張って無いと、マトモに動ける身体では無いので、出来る時に、頭がボケて無い内にキチンとしたかったのです。
奥さん達の住所は、明日(8月14日)に、職場の電話番号を聞いたので、そこに連絡して欲しいとの事でした。


ささっと調べると、線香とは仏様にとって“食べ物”に当たるので、安いモノは宜しく無いとか。
ヤバイヤバイ、こう言う知識は皆無なので、先に知れて良かったです。
と言う訳で、新しいバイクで、2リットルのペットボトルに入れた水と墓石を拭く雑巾などは用意し、花と線香とマッチは、店で調達する事にしました。
少し離れてはいますが、お婆ちゃんの墓地もあるので、そこにも行きます。
そして無事に購入も済まし、いざ目的地へ。

 



山里にあるので、行きは登りばかり。
この時に初めて、このバイク(アドレス110)の余りの非力さに驚きました。
もちろん、原付ほどではありませんが、同じくらいに飛ばす車には注意が必要です。
平坦な道では、滅多に煽られる事も無く、楽(安全)そのものなのですが。
そして、彼の墓地に行く山道の途中は、完全にオフロードです。
またしても、このバイク最大の弱点のタイヤの細さや重心の高さにより、スリップしまくりです。
おいおい、ボケボケしてたら崖に落ちる!!
で、目的地…と思ったのですが、これは完全にグラウンド付きの“自然の家”です。
あれれ?間違えたかな?
Googleマップで確認したんだけど。
オフロードの山道の入り口付近に、お寺さん(?)があったので、そこで話を聞こうと思い戻ります。
が、誰も居ません。
そこの近くの家でBBQの準備をしているご家族がいらっしゃったので、恐る恐る聞いてみました。
わざわざ、子供たちが母親を読んでくれて、その人がうろ覚えながら、親切に教えて下さいました。
目的地と思われた道を入るのではなく、もう少し先に行くようです。
その先の2手の道は、ちょっと分からないらしいのですが、とりあえず道なりに進みます。
すると、ちゃんと右下に墓地が見えて来ました。

 

墓地01

小さい墓地な上、もう全て埋まっている様なので、ちゃんとした写真はありませんでした。
これはGoogleの航空撮影です。
自分で、墓地を撮影するのは不謹慎かな?と思ったので、この時は敢えて撮りませんでした。
バイクから降り、準備をして、何人かいらっしゃったので挨拶をして、彼のお母さんがおしゃっていた墓石を探しますが、下の名前が少し違うのがありましたが、間違いなくこれでしょう。
念の為、全てのお墓を見て回りましたが、彼の苗字なのは、やっぱりこれだけでした。
「おう、来たぞ!」「全く勝手に死にやがって…」「お前には花は似合わねえよな」などと、生前のあいつと喋る感じで毒を吐きながら、少しづつ少量の水を墓石にまんべんなく掛け(いきなりドバドバっと掛けると仏様が驚くらしいです)、タオルで拭きますが、殆ど汚れていません。
彼のお母さんの話だと、親戚の方が先に参ったそうですが、丹念に拭いたのでしょう。
花も挿し、線香も上げ、跪き合掌して「口は悪い奴ですが、根は良い奴なので宜しくお願いします」と言い「はぁ」とため息と吐いた時に、生前の彼が最期に言った“毒”を思い出してしまいました。
事もあろうか「俺の女房と不倫してくれ!そしたら、一生遊んで暮らせるわ!ぎゃっはっはっはっは!」、その時は「ふっざけんな!こんな甲斐性無しから金をせびんな!!」と返しましたが、もし、自分の死が間近に迫っているのを知って言ったのだとしたら、余りに残酷で優しく、そして本当に無念だっただろうと思うと、つか、今も既に思い出し泣きしてますが「お前の変わりはおらん!」「少しでも長く生きてやるのが家族の為じゃないんか!?」「分かってる!お前が最後まで諦めない奴だってのは!」「でも、悔しいよ!」
良いですよね、こんな時ぐらい人目を憚らずに泣いても。
「こんな事なら、もっと連絡を取れば良かった」
後悔が沢山溢れて来ますが、もう彼はいません。
最後に「覚悟しとけよ!身体が動く内は、毎年絶対に墓参りに来るからな!!」と、あいつに合わせた毒を吐いて、その場を後にしました。
痩せて、再び着れる様になった一張羅の背広(ネクタイだけは喪服用)の膝がドロドロです。(所詮オーダーメイドの5万程度ですが)
結構な時間、うずくまってたみたいですね。


帰りに、道を教えてくれた人にお礼を言いたくて寄ると、BBQをまだしてらっしゃった様で、すぐに顔を出してくれて「分かりました?」と言ってくれました。
「はい、友人とも久々に会えました。本当にありがとうございます」と、後は軽い挨拶をして、次はお婆ちゃんの墓へと向かいます。

 

墓地02

さすがに、昔は何度も行ってたので、迷う事も無く、すんなりと到着です。
つか、友人の墓地も逆側から行けば、あんなオフロードを走る必要も無かった様な!?
バイクから降りて、少し坂を上って婆ちゃんのお墓を見てビックリ。
土だった部分と言うか、地面一画全てコンクリートで埋め尽くされています。
前回、墓の横に猫を埋めたと書きましたが、その前は犬が埋められてたと言う話ですが、少なくとも、自分の猫については、埋めた後すぐに(誰とは断定は出来ませんが)掘り返され捨てられている事は知ってましたが…
何故知ってたかと言うと、埋めればその分土が盛り上がります。
それを踏み固めれば、猫程度ならば平らになります。
しかし、それを掘り返して、同じ様に踏み固めたら、そこは凹むのです。
こんな単純な事がバレないと思う低能の犯行なので、大体誰かは分かりますが、想像の域を出ないので何も言いません。
ただ、わずかでも猫の魂が残っていると信じ、線香を上げ語っていただけです。
それを、今度はコンクリートで埋めるって…まあ、人でなしに何を期待しても無駄です。
友人の時の様に“礼”から入り、同じ手順で墓の手入れをしますが、戒名札が乱雑に墓石の後ろに放置されています。
軽く拭こうともしましたが、ボロボロなので、個別に剥がすのも無理です。
管理してんの誰!?
墓石を拭けば、拭いても拭いても、真っ黒になる一方。
だから、管理してんの誰!?
少なくとも須々万の叔母さんの家は、すぐ側だよね!?
何なの、お前ら!?
ちょっと忠告すれば「何もしてない」とか「お前にそんな資格ない」とか「法事は大事」とか悪態や綺麗事並べておいて、盆なのに、墓の手入れの1つも出来ないの!?
とにかく、仏様の前で怒っても仕方無いので、花を挿し線香を…って風が強くてマッチに上手く火が付かないと思ってたら、親切な方々が、チャッカマンで火をつけるのを手伝って下さいました。
「どうも親切にありがとうございました」とお礼を告げて、去ったのを見届けてから合掌します。
「叔父さんは、どうでも良いです。自分にした事を悔い改めて下さい」「お婆ちゃん、自分に出来るのは、この程度(親戚への忠告くらい)です。ごめんなさい」「母親の面倒は、自営の時に呼んだのに、わがままで帰り、結婚も散々妨害して破談させられたので、お婆ちゃんの頼みでも無理でした。ごめんなさい」と、手短に済ませました。
そして帰ろうとしたら「〇〇の兄ちゃん(お婆ちゃんの長兄の息子)は来とらんのかいの?」と声を掛けられました。
うわ、顔バレしてるし…墓参りしてたなんて知られたく無いな~。<(ーー;)


帰りは寄り道して、ツーリング感覚で、バイクの性能テストを兼ねて別ルートを下ります。
エンブレとかポンピングブレーキの挙動とかですね。
登りの180度は、綺麗に車体を倒した綺麗で無駄のない走行が出来ましたが、まあ所詮は素人なので、余りのヘタクソ振りが自分の中でも露呈してしまった感じです。
安全の為の技術向上の為には練習しか無いそうなので、家の近くでは一本橋を想定した、超低速走行を、ほぼ欠かしませんし、ヘタクソでも、上達しなくても積み重ねるしかありません。
後は、知り合いの店に差し入れ(安物のお菓子など)を渡して帰宅です。

 



翌日、約束通り友人のお母さんの勤務先に連絡を入れます。
やっぱり、失礼の無い様にメモを準備です。

 

もしもし、昨日お電話させて頂いたSAKUMICHIです。
今、お時間は宜しいでしょうか?
午前中は忙しいだろうし、お昼はゆっくりしたいだろうし、お昼明けなら多少ゆっくりしらっしゃるかと思い、この時間にお電話したのですが…
昨日は、本当にありがとうございました。
墓参りに行けて、無事、彼と会う事も出来ました。
それで、元奥さんと呼んで良いのかどうか分かりませんが、住所の方を教えて貰っても構いませんでしょうか?
それと出来れば電話をして、年賀状をお渡しして良いのか確認したいので、電話番号も教えて頂けたらありがたいのですが。
それと、今後も、そちらのご実家の方にも年賀状を差し上げても宜しいでしょうか?
後、これから毎年の盆には、お参りをさせて下さい。
宜しくお願い致します。


これでも、かなりぶしつけな気もしましたが、とりあえず電話を掛けます。
すると、別の方が出て、外出中なので30分後に電話してくれとの事でした。
そして、時間になったので再度お電話したところ、墓参りに行った事についてはお礼を言われましたが、やっぱり奥さんの住所は教えられないそうです。
実際、面識がある訳でも無く、年賀状以外、自分に出来る事なんて思い付かないので、当然と言えば当然でしょう。
ただ、それでも、何か力になれたら…と思ったのですが、自分が障害になっては元も子もありません。
更に「仕事で忙しいし、これからは年賀状を(実家に)送るのも結構です」みたいな事も言われました。
自分の事は、思い出してくれた様です。
でも、これも仕方ありません。
下手したら、毎年悲しませていただけなのかも知れないのですから。
一番悲しいのは、自分では無く、親御さんや奥さん達なのです。
自分のエゴの為に、傷ついている人の心に土足で踏み込む様な真似は出来ません。
まあ、自分がそんな目にばっかり遭って来たので、良く分かるってだけですが。
ただ、墓参りだけは「お願いします」とまで、おっしゃってくださいました。
「本当に感謝でいっぱいです。それだけ、十二分にありがたいです。こちらこそ、友人との接点を設けて頂きありがとうございます」と言って、話が終わりました。
他にも「親族の方は、相当に墓石などを綺麗にしてらっしゃるんですね」とか、差し障りの無い話はしましたが、さすがに彼の生き様や死因など、聞く勇気はありませんでした。
とても、気にはなりますが、自分のエゴで、悲しみを思い出させたり、苦しみを与えるのは、礼儀とか失礼とかを超えて“恐怖”以外の何モノでもありません。

 



前回、“悪人は出ない”と言いましたが、少しだけ出ちゃいましたね。
すいません。m(._.)m
未だに思い出し泣きしてしまうなんて、思いませんでした。
一応、鬼の息子で人でなしの自分にも、ホンの少しは人の心がある様です。


ネタは、大量どころか、書き切れないのに増えて行く一方で困ってます。
ついつい、長文になるのも悪いのですが、ボケた頭でもまとめているつもりなのですが。
次の予定は「どいつもこいつも その3」が第一候補ですね。
小ネタや、今回の様な重要な話が舞い込まなければですが。
ちなみに、墓関係も調べていますので、そちらが先になるかも知れません。
ご容赦ください。m(._.)m

ホトラ

後日、鹿野の叔母さんからのTEL

相変わらず、更新が遅くてすいません。
つか、前のが(自分を含め)エグイ人でなし達の話なので、見てくれる人は激減したかも知れませんね。
まあ「書きたい事を書く(事実をありのままに)」がテーマでもあるので、今回もエグイ人でなしの話になりますが、気分を害される様ならば、以下の閲覧はご遠慮下さい。m(._.)m
ただ、もう一度誓約します。
『ここに載せる内容は、仮名などを除き、全て誇張無しの事実であると誓います!!』

 



親戚の叔父と叔母が火病った次の日の朝に、叔母が言ってた通り、本当に鹿野の叔母さんに話を丸投げしたらしく、電話が掛かって来ました。
あいにくとトイレに居たので、すぐにこちらから折り返し掛けました。
内容が8月13日の事なので、メモしている事以外抜けているかも知れませんが、とにかく書きます。


「どう言う事になっちょるんかね?」から始まったので、経緯を伝えて話し合いにすらならない旨を伝えました。
すると「墓については、叔父さんも婆ちゃんの須々万の土地に掛け合っている」とか、「叔母さんも親が無くなって、お兄さんも無くなり、兄弟も障害で手が掛かる状態で大変だから、自分に八つ当たりをしたのでは?」とか。
とにかく、墓を立てる事には賛成と言う様な事を言います。
はぁ!?じゃあ、昨日の電話の火病り方は何??
そもそも永代料金の事すら知らなかった奴が、何を掛け合っているって!?
のっけから、嘘を吐くな!!


ちなみに、自分が墓の代金49.8万からやってくれるトコとか、須々万の土地代が永代料金で24万のみとか調べるのに10分も掛かっていません。(公営の土地なら永代料金5万です)

www.memoriaru-sekizai.com


www.e-ohaka.com


全ての手続きを終えるのだって半日も掛からないでしょう。
と、ちょっと調べましたが、霊園には「特定の石材店しか選べない」と言うアホなルールがある様ですね。
この辺は、もう少し探ってみましょう。


「墓も無くて可哀想」と言ってた人が、今の今まで放置した挙句、坊主の言いなりに集られて散財し続けた連中が「手続きしようとしてた」とか「墓を立てるのは賛成」とか言われても、説得力の欠片もありません。
別に手続きくらいしても構いませんが、それによって折檻をして来た親戚連中との繋がりを持つのも嫌だし、生涯の全てを自分への精神攻撃や体罰に使って来たババア(鬼母)に対して、何か施しをしてあげると言うのは、自分自身の存在意義すら否定しかねないので、正直やりたく無いのです。
前回、言い忘れましたが、お婆ちゃんに「“多エゴ”(鬼母)の残ったお金は、アレのええように使ってやんさい」と頼まれていたのです。
だからこそ、自分は相続を受けなかったし、今まで黙ってたのです。
それと「“多エゴ”(鬼母)の事は頼んだよ」とも言われましたが、これだけは絶対に自分の存在意義を掛けてでも守る訳には行きませんでした。
天国のお婆ちゃん、ごめんなさい。


話を戻しましょう。
鹿野の叔母さんは「“多エゴ”(鬼母)は、アンタの為にお金を残してたんよ」
もちろん大嘘です。
何故ならば、そのお金は全て“お婆ちゃんの金”なのですから。
今、従妹の叔母さんが使い込んでる100万がそれですね。(今は幾らあるのか知りませんが)
もう100万は、言うまでも無く“モットー酷”の叔父が全額使い込んだのですが、これも、お婆ちゃんの具合が悪くなった時に7人兄弟の内、4人だけに100万づつ渡したお金です。
鹿野の叔母さんは初耳だった様ですが、そう言えば内緒でしたねw


そして「妙子は、病院で秀明にずっと謝っていたんよ。それを私は、“何で、本人にそれを言わんかったんかね!”」と言ったらしいです。
はぁ!?あくまで仮にですが、それが事実だとしても、留守電に入れるとか、手紙にするとか手は幾らでもあるし、これまた鹿野の叔母さんの詭弁としか受け取れませんね。
そもそも、自分中心に世界が回っていると妄想している奴が、そう簡単に心変わりするかっ!
まぁ、仮に謝られても、折檻や嫌がらせや、これから死ぬまで付き纏うであろう病魔がある限り、その分・その都度の詫びが無ければ、絶対に許す事はありませんが
「最期まで、自分の事を思っていた」とまで言います。
正直、嘘だらけなので、相手にもしたくありませんでしたが、とりあえず言いました。
「それは“ペット”としてでしょう?だから、気に入らなければ、猫や弟の様に殺しもするし、折檻や精神的嫌がらせもするあなたも生涯を掛けて同じ目に遭えばわかりますよ


「アンタの写真だけは置いといて、後の家財や服などは、アレ(鬼母)の同意で、みんな目の前で全て燃やして、その時涙を浮かべとったよ」
ダウト!!アンタ、前に自分で、ババア(鬼母)が危篤状態の時にその話をしたら、眠ったまま涙を流していたって言ってたよな!!
もうね、詭弁を並べて“情”に訴えかけるの止めてくれる!?
何も知らない様で、結構知ってるからな!!
まあ、服に執着してたのは事実なので(ヒラヒラのセンスの悪い売女の様な服ですが)状態はどうであれ、涙を流したのは事実かも知れませんが。

「こうやって話してくれて、自分が少しでも楽になれば良い」って、アンタに話したって、誰に話したって、一生楽になる事なんかねぇよ!!
「引き籠ってないで、たまには外に出なさいよ」って、具合が悪くて余り出ないだけで、用があれば出るし、人混みは軽いパニックが出て身体が痛むけど、別に“引き籠もり”じゃねぇよ!バカにすんな!!


そして、鹿野の叔母さんも、幼少の頃に折檻をしていた事を認め初めての謝罪です。
いったい何十年経ったと思っているのでしょうか?
前にババア(鬼母)と一緒に会った時は「鹿野の叔母さん。小さい頃、アンタを折檻しちょったの覚えちょる?」タニタしながら聞いて来たよな!!(その事は、敢えて触れませんでしたが)
その時は、トサカに来たので何も答えませんでしたが、とりあえず“謝罪”は受け入れました。
つか「恨んでませんよ。親に育児放棄され、親戚中から、たらい回しに折檻されてましたし」とは言いましたが、“許す”とは言ってません。“恨まない”だけです。ババア(鬼母)に対する憎悪が強過ぎてアンタらに回らないだけです。

話によると他の親類は、ババア(鬼母)の世話や後始末を拒絶し、鹿野の叔母さんに押し付けたらしいです。
それは素直に「ありがとうございます」と言いました。
全ての人間から見捨てられるべき“人間のクズ”なので、本当はどうでも良いのですが。
って、昨日の従妹の叔母さんも「アタシ、赤の他人なのに、鹿野の叔母さんに無理矢理押し付けられた」って言ってたんですが。


その割に、月4の法事とか回数がおかしいでしょ?
鹿野の叔母さんは「墓を立てて、参りたい人だけ参るって考えもあるけれど、法事は必要」とか抜かしますが、それじゃ、お婆ちゃんたちの法事もそれくらいあるとして、月8日も開けてやるんかい!?
そんなに参加してたら仕事にならないし、金も持たないし、詭弁や屁理屈捏ねないで、現実くらい、ちゃんと見たら?

自分の病気について聞かれたので、言おうとすると「うちの息子も50代で鬱になって大変」って、そっちが聞いておいて話を阻むな!
落ち着かせたところで、躁鬱どころか自律神経も超えて中枢神経がやられてて、肝臓も悪くなる一方と、簡単に説明します。
「みんなも、しんどいのを頑張っている。だからアンタも頑張りんさいよ」って、自分のは、全て母親の呪いだし、別に他人にどうのこうの言われなくても、例え亀の歩みでも精一杯頑張っていますよ。
今までだって、生まれ持っての病弱(ほぼ年中風邪状態で、無理すると肺炎)とか、それが肝臓に治癒出来ない程のダメージになってて、本当は普段からかなりしんどいとか、長年のババア(鬼母)からのストレスで、脳みそまで損傷させれるとは思って見なかったとか、信じられないハンデがありますが、愚痴りはしても、やる事はキッチリこなして来ましたが、それでも“頑張り”が足りませんか?


何とか母親を許してやってくれと誘導するけれど、奴の罪は、現在進行形で自分の身体への呪いになっていて、一生消えるモノでは無いし、当然許す気など更々ありません。
もちろん、恨みのみに縛られるつもりもありませんが、“恨み”自体を消す事は、自分でも不可能なので、反面教師やバネに生かすつもりです。

で、自分が「長男しか入れないんじゃ、墓だらけになりますね。自分の骨だけは“無縁仏”なり“散骨”なり、煮るなり捨てるなり好きにして下さい」と言うと「それは出来ん。アンタは“多エゴ”(鬼母)の息子じゃけえ」
最悪だ!こいつら!!遺書は絶対に書こうと思った瞬間でした。
仇と一緒に霊体供養の下駄箱みたいなトコに一緒とか、もしくは墓が一緒とか、死んでも自由にならないのかよ!!
この腐れ外道どもが!!
お前ら、全員地獄に落ちろ!!


他にも、高校時代に“ママーミートスパゲッティ”オンリーの生活を延々とさせられ、2回も脚気にさせられ、その内1回の時はサッカーの試合に出て、視野が極端に狭くなってて、腿も上がらず滅茶苦茶だった話とか…

今現在は、貧乏なので節制した生活をしている事とか…(ここ最近は、使い過ぎてますが)

ババア(鬼母)が、生まれる前から酒とタバコに溺れ、自分や弟達みたいな半奇形児が生まれた訳ですが、それを延々と続けて、心筋梗塞になり「30万寄こせ!」と高飛車に自営をしてた自分に無心して、結局40万取ったけど、入院中から「1本だけ」と言いつつタバコを吸って、退院後は元の生活に戻り、とうとう肺気腫を患ってしまった事とか…

幼少の頃から、ずっと毎日「殺す」と脅されていた事とか…(高校の頃は「寝てる間に包丁で刺す」と脅されてました)

実は、養育費のみならず、生活費全て婆ちゃんが出していましたが、折檻も男だったら死んでたくらい酷いモノでしたが、ネグレクトも酷く、毎日が飢餓との戦いで、人様のビワやイチジクを盗みツツジの蜜などを全て毟って吸って木の皮を剥いで食べたけど、マズくて止めて、カンナで削った木クズをかつお節と思い頬張り、公園の木の上に赤い実があったので、とにかく口にしたら、その夜に全身蕁麻疹が出るなど、幼少の自分に食べ物の知識がある訳が無いので、酷い有様でした。
鹿野の叔母さんに「あの時、ガリガリだったから、叔母さんなら良く覚えているでしょ?」と言ったら絶句してました。(それが事実なのだから、当たり前の反応なのですが)
当時の自分は、昔のアフリカ難民の飢餓に苦しむ孤児の、お腹だけが膨れて、後はガリガリと言う体形そのものだったのです。
こいつら親戚連中は、そんなボロボロで病弱な幼児に対して、玩具の様に虐待し続けたのです。
100万泥棒“モットー酷”なんかは、実の娘さん達とは同じ食事でしたが、自分には“餌”しかくれませんでしたね。
まあ、“餌”でも何でも、飢えるよりはマシなので、折檻さえ無ければ良かったのですが。
てめえら、覚えて無いと思ってたら大間違いだ!!
ババア(鬼母)が「昔は貧乏で、兄弟で山へゼンマイなど取りに行った」などと、自慢げに語ったモノですが、お前が自分に与えた仕打ちは、それどころじゃ無いからな!!


猫と弟達殺害の話もしました。


猫は、躾けと称した虐待で、自分にしか懐いて無くて、中学生の頃にお婆ちゃんの家に行った隙に、ババア(鬼母)がクビを絞めて殺しました
ババア(鬼母)が、朝に婆ちゃんの家に来て「猫が死んだ」「野犬の群れに噛み殺された」と言って、ショックの余り、布団を被って泣き叫び続けましたが、それも収まった頃に、お墓の横に埋めようと言う事になって、紙袋に入った猫の亡骸を一目見て“驚愕の事実”を思い知らされます。
噛まれた跡も何もありません。
ただ、クビを絞めた後がハッキリとあり、猫は信じられない形相のまま、少しだけ血を吐いてました。
ペルシャホワイト・カッパーアイと言う長毛種だったので、クビを絞めたか、噛まれたかなんて一目瞭然です。
「弟に次いで、またか!!」と、今度は恨みの涙です。

弟の話も少ししました。
ババア(鬼母)は、基本的にSEX狂いの遊び人なので、再婚した相手の子供も大して面倒など見ませんでした。
ただ、自分がミルクの与え方などを教わっていたので、自分がミルクなどを与えてました。
当時小学生だったので、学校に行くのですが、その時は「きゃっきゃきゃっきゃ」と元気に見送ってくれた弟でしたが、学校から帰った時には死んでました。
記憶だと“肺炎”と聞かされたかと思います。
まあ、これだけでも、酒やタバコで、自分を含めた滅法身体の弱い奇形児を産んでしまった責任はあるのですが、この時は葬式で泣き叫び取り乱す様子も見ていたので、それ程には疑いませんでした。
それが決定的に崩れたのが高校の時です。
自分は、中学の時に中途半端に野球部を辞めてしまった(喧嘩に絡まれ断って顧問に注意して貰おうとしたら“喧嘩両成敗”の元、自分まで激しいビンタを喰らったのに納得が行かなかった…顧問は池田幸太郎だったと思います。公務員なので実名公表しました)ので、高校のサッカー部(野球部は無かった)は、しんどくても続けようと意固地になったのがマズかったのか、血を吐いても練習を続けた結果、肺炎になりました。
そして、安静にして少し動ける様になり、外の空気を吸いにちょっと出たら、ババア(鬼母)が「無茶するなら、アンタも弟の様にしてやろうか!?」とゲロしました。
急性肺炎を放置したのか、意図的に殺して“肺炎”と診断書に書かせたのかは知りませんが、暗に殺意を認めたのです。
それでも、半分演技・半分思い込みで悲劇の母親を演じられるのだから、キチガイの心理は分かりません。
実は、弟の墓は、当時広島に住んでた為…と言っても遠いのですが、岡山の山奥にある様です。
罪の意識なのか、無かった事にしたかったのか、見ず知らずの岡山の山奥に墓を立てる事は無いと思うのですが。(確かに昔は岡山にも住んでた頃もあった様ですが)
仮に、須々万の土地に立てれば、今のトラブルは無かったでしょうね。
人でなしの親戚連中は、ババア(鬼母)の事は気になるけど、無念にも“殺された弟”の事は、どうでも良いんでしょうかね?
この再婚相手のDVは激しかったのですが、子供に対しては一切の暴力は振るわなかったので、自分の実の息子ならば、目に届くところに墓を立てたかったと思うのですが、“臭いものにフタ”で、ババア(鬼母)は、隠したかったのでしょう。

次に、弟達の件ですが、再婚相手と別れた(逃げる様に小学校卒業直後に山口へ車で引っ越し)後、中1の時の家庭教師と愛人関係になります。
もちろん、こいつらに節度など無く、避妊も無しに犯りたい時に犯り、出来たら堕胎です。
堕胎の映像を見ましたが、胎児と言えども生きていて、それを殺し、胴体を引きちぎり、頭をぐしゃぐしゃにして掻き出すと言うエグイモノでしたが、それを生きている内に見せてやりたかったですね。
それを何十と繰り返し、とうとう子宮摘出まで追い込まれましたが、自分が戻った時「もう子宮も取ったんよ~」と哀れを誘おうとしますが、お前は自業自得!哀れなのは、生まれる事すら許されなかった“弟達”だろうが!!

そうそう、昨日の電話の大本は“お婆ちゃんの意向”であり、自分は正直ババア(鬼母)の墓などどうでも良いと言う事と、従妹の叔父さん曰く「一生の最期の頼み」は聞いたので、二度と法事には参加しない旨も伝えました。
友人とお婆ちゃんの墓参りのついでに、もし墓があるなら参っても良いとは言いましたが、あんな最低最悪の鬼畜ババアの墓なんか参ろうとは絶対に思わないですね。

そして、鹿野の叔母さんは宗教をやっているらしく「“多エゴ”(鬼母)が毎日枕元に立って訴えかけている」「“多エゴ”は、今もあの世に行けず彷徨っている」「お婆ちゃんは、孫(知らない人)の背後霊になっている」なんて事も言ってましたが、ふざけてんの、お前!?
自分は無宗派ですが、そもそもアレテー(徳)もロクに積んで無い上、今になってようやく昔の折檻を反省出来るようになった精神年齢お子ちゃまの老害が、宗教に入ったからって、いきなりそんな力が手に入る訳が無いだろうが!!

少し話が前後しますが、生活費から自分の養育費まで全部出していたお婆ちゃんですが、ババア(鬼母)は、それを遊びに使い、鯛の寿司を良く買って食べてましたが、空腹で飢えている自分に分けてくれた事など、一度たりともありません。

一度だけ、遊びに金を使い過ぎたのか知りませんが、給食費を渡してくれない時がありました。
最近の親は、経済的理由で多いみたいですが、うちはババア(鬼母)が水商売な上、お婆ちゃんが、全ての生活費を援助してくれていたので、給食費が無い訳がありません。
仕方無く、帰りに請求する担任に「すいません、今は無いそうです」と正直に答えると「今から家に取って来い!!」激しくビンタを受けました。
理不尽極まりないので、この担任の実名も挙げますが、塚ポンこと“塚本”と言います。
下の名前は、ちょっと分かりません。
そして家に帰ると、ババア(鬼母)ビンタが待ってます。
もはや「俺にどうしろと?」と言いたくなります。
まあ、渋々給食費は出して貰えましたが、あのまま学校に戻ったら、またビンタなんでしょうかね?
体罰でしか会話出来ないクズが先生すんなよ!!


そして、徳山北高の修学旅行ですが、中学と同じ「三重・大阪・京都」でした。
更に、この時は拝観停止の時期で、班も不真面目な連中ばかり(素行も悪く、自分を何かとイジメの対象に仕立てようと画策していたカス連中)で、全く行く理由が見当たりません。
当然ながら、一番は“金銭的問題”です。
こんな下らない茶番行事の為に、お婆ちゃんの懐を痛める訳には行きませんでした。
学校の先生たちも「行かないの、お前1人なんだぞ」とか言いますが、正直知った事じゃありません。
ババア(鬼母)も、汚い事にお婆ちゃんと一緒になって説得します。
こいつは、外面体裁だけ取り繕うのが上手だし必死なのです。
なので、営業スマイルで友達を作るのは上手なのですが、本性を知った人達は当たり前の様に去って行きます。
ちょっと脱線しましたが、とうとう、お婆ちゃんが泣き出しました。
「お婆ちゃんが、お金出してあげるから…」
って、何から何まで、全てお婆ちゃんが出しているの知ってるから!
自分のお婆ちゃんへの遠慮を知ってか知らぬかは、今となっては分かりませんが、これには逆らえません。
結局、修学旅行には行きましたが、拝観停止中なので殆どバスの中。
風呂は、男子の方が上の階にあって、丁度女子の風呂が覗ける位置でした。
公立なので、公務員の名前は公表してもOKと言う事で名前を出します。
担任の“柴崎”“柴崎”を筆頭に、不真面目な連中が窓にフルチンで叫びながら殺到です!(卒業アルバムがあれば、フルネームで公表するのですが)
自分は、微塵も覗こうとも思わなかったので、大人しくしてましたが…
しかし、世の中と言うか、特に学校には随所に“連帯責任”と言うのが存在します。
サッカーで膝を悪くしていた自分も容赦無く1時間の正座です。
一方、主犯格の“柴崎”ですが、もちろん懲戒解雇逮捕…も無く、全くのお咎め無しです。
あの後、1・2週間は膝がマトモに動かなかったのに、こいつは何も無しかい!?
その夜は、覗いた1人のクソバカが、その光景を思い出しながら、“実況オナニー”です。
「あ、布団に付いた!」とか、うるせぇよ!!
まあ、こんな感じで最悪の修学旅行でした。
その後、無実の自分もろとも、女子に軽蔑のまなざしで見られたのは、言うまでもありません。

そして、話を戻しますが、専門学校のお金もお婆ちゃんです。
お婆ちゃんも、これが限界だったのでしょう。
その他の仕送りなどあろうはずも無く、必死にバイトして、ギリギリの単位で専門学校を卒業しました。(大淀学生寮でバイトしながら卒業できたのは自分だけらしいです)
自営をしてからは、少しですが“お小遣い”と言う形で、お婆ちゃんには、お金を返済していましたが。

そして「お金と、ババア(鬼母)の妄想日記と、アルバムを渡したい」との事ですが、お金は、大分“赤の他人を名乗る叔母さん”に使い込まれてるし、お婆ちゃんの意向通りに墓の段取りをするのは簡単でも、ババア(鬼母)にしてやる義理が無い上、自分が先頭を切って、法事などを仕切るなんてもっての他!!
ババア(鬼母)の妄想日記と言うポエムは、チラ見したら満腹過ぎて吐き気を催すだろうから、正直要らないし、アルバムと高校の卒業アルバムは自分のなので、有無を言わさず寄こせ!!
特に卒業アルバムは前も言った通り、自分で働いた金で、みんなより1年後に1万円で購入したモノなので、絶対に返せ!!

後は、やたら“お遣い”ですかね。
専門学校に行くまでコキ使われてましたし、友達がいようがお構いなしです。
もちろん幼少の頃からなので、迷子はもちろん、頼むモノも“たまご”とか“タバコ”なので、“たまご”を割ったら、当然ビンタが待ってます。
遅れてもビンタです。
買い物袋を、ひこづって(引きずって)歩く様な子供に「たまごを割るな」と言う方が無理です。
もう、ビンタをする為の口実ですね。
ある時は、狭い道を強引に走るトラックを避けて、深いドブへ落ちた時も何度かありますが、待ち構えているのは、屋外での容赦無い“水攻め”です。
小さな身体が吹き飛ぶ程の水圧で、最終的に素っ裸にされ「アンタ臭いんじゃ!」と、息も出来ない程に放水の餌食になります。
もちろん、やっている本人の顔は“ニタニタしてます。
それを、ぐったり動けなくなるまでされました。
他にも、理由は忘れましたが、ストープに足を付けられましたね。
「ギャーー!!」と暴れても押さえつけられました。
その顔は、やはり“ニタニタしてました。
汗だくでうずくまって震えている自分を見てたババア(鬼母)の顔は、やはり“ニタニタのままでしたね。
外道が折檻している時の悦に浸っている表情って、何で他人でもそっくりな上、どこまでも醜いんでしょうね?

こんな話なら山程ありますが、放水ストーブの話は、鹿野の叔母さんにはしていないので、この辺で。

まあ、先日の従妹の叔父・叔母が火病って、話にならなかった事に比べれば、まあ、話し合い(?)にはなったのかも知れませんが、とにかく無理矢理“情”に訴えるばかりで、結構な時間話したのですが、同じ話の繰り返しや脱線ばかりで、結局何一つ建設的な提案などありませんでしたね。
奴ら親族からしてみれば「とりあえず、言い分だけでも聞いてやるか」って感じでしょうか?(自分の話の半分も覚えているかすら疑問ですが…)
「安く墓の手続きだけはしてやるから、金は払っとけ」でも良いのですが、奴らの言い分の「何もしなかった」では無くて「何もしたく無いのに、させられてた」ので、もう、こんな“人でなし連中”とは一生縁を切りたいのです。
自分が言いたいのは「二度と自分に関わるな!」「てめえらの金じゃねえんだから、お婆ちゃんの意向に従え!」の2点だけです。
この段階で通話料が2,000円を超えちゃってました。(その後、すぐに定額プランに入りましたが)

 



はてさて、脳が回って無い状態なので、とりとめない文章になっていたらすいません。
UPは、明日(9月2日)にしましょう。


―追記―

これは、別に「不幸自慢」ではありません。
世の中には、弟たちの様に、もっと不幸な人はたくさんいますし。
自分の生い立ちや人生は、確かに相当酷いモノでしょうが、ぶっちゃけ思い出すだけでも激しくトラウマに障り、かなりの苦痛を伴います。
しかし、親のして来た事、親族がして来た事、自分の愚かさを晒して置きたいのと、次へのステップに生かしたいし、逃げるのも御免なのです。
大体、恨みだけで、ここまで覚えているのでは無く、具合が悪くなる度、体中が激痛に襲われる度に嫌でも思い出されるのです。
しかし、病魔との戦いはありますが、これから自分の為に幸せを目指せば良いだけです。
最期まで、前のめりに生きますし、人でなしに負けるつもりも、自分の弱さにも負けるつもりはありません。
少し、くどくなりましたが、これも自分への『宣言』とさせて頂きます。m(._.)m

 


 

そして、この電話の後、去年に初めて友人が亡くなっていた事について、実家の方に電話をしました。
その話は、次回と言う事で。
こちらは、本当に悲しい話ですが、人でなしは出て来ません。

 

ホトラ

前々からおかしいと思っていた事を尋ねて見ました

書ける時に書かないと、またいつ身体(頭も)が動かなくなるか分からないので、別ネタですが、ご了承下さい。m(._.)m

 



それは、“一生に渡って自分に害を成して来た鬼母”ですが、亡くなって“霊体供養(下駄箱に遺骨を入れる様なモン)”の形を取っている事。
犯罪者なので、こいつの実名っぽいのは上げますが、“モトヒ〇”と言う叔父は、元は、お祖母ちゃんから貰った100万円を使い込みました。
残った100万は、別の叔父の嫁さんに当たる叔母さんが預かりました。
その法事とやらの回数が多く、その度に100万円預かっている叔父さん夫婦に、自分は呼び出しを喰らいます。
散々虐待し、弟を殺し猫を殺し自分の一生までも滅茶苦茶にした鬼母の慰霊の写真を見るだけで吐き気が出る程、今でも憎く悲しいです。(命に掛けても、全て誇張無しの事実だと誓えます)
そして、この前にその叔父さんが、“一生で最期の頼み”と言うので、仕方無く出ました。
金輪際、呼ばない約束で。
しかし、その約束は守られませんでした。

そこで、誘った叔母さんに電話をし鬱病のノイローゼの戯言(ざれごと)と思って聞いて下さい」と前置きをした上で「自分にとって母親は憎悪悲しみの対象でしかありません。でも、貴方達が本当に妙子(鬼母)の事を思っているのならば、何故“お墓”を作らず“霊体供養”の形を取るのですか?100万あれば、土地も墓も買えますよ」と言うまでに、何度も言葉を遮られ罵られましたが、何とか伝えました。
しかし、言い掛かりは続きます。
叔母「私は鹿野の叔母さんに無理矢理預けられただけで、アカの他人じゃけぇ!」
  「呼ぶのはアンタが息子じゃから!」
  「アンタは何もしてない!
  「自分の息子や娘たちも来るのに!」
  「なら、アンタにお金渡すから墓立てて!
一つづつ、静かに冷静に答えました。
自分「嫌なら、断れば良いじゃないですか?」
叔母「お父さんが次男坊じゃけぇ!それにお父さんに預けても危ないじゃろ!」
自分「母親に何もしてやるつもりはありません。息子さん達の話は論点がズレてますよ
叔母は!?
自分「息子さん達が好意で参加するのと、お墓を立てる事とは関係性がありません」
そして、火病り始めた叔母さんが「だったらお金渡すから、アンタ墓立てて!」を連呼し出します。
当然「イヤです。そんな義理無いです。それに、お金の問題じゃありません」と断ると「葬式代だって、皆で出し合って…」と言いますが、自分も(仕方無く)10万円出してますし、元々、犯罪者“モトヒ〇”の叔父に、使い込んだ金を弁償させれば済んだ話です。
つか、あの時の葬儀代の70万だって、やり過ぎです。(本当は、親戚全員金持ちばかりですが)
葬式当日になって、突然「喪主をやれ」って言われたのも激しく嫌でしたが、立場が“息子”なので渋々やりましたが、最後の礼の時に眩暈がしてフラついた時、犯罪者“モトヒ〇”頭を何度もグイグイ押さえ付けられたのが、一番トサカに来ましたね。
そして、法事がある度に叔母さんは、せっせと毎回坊主に“1万円以上”“果物”“花”などを散財です。
相場よりは安いのかも知れませんが、回数が違い過ぎます。
だから、“そのお金の使い方が違うのでは無いか?”と言う話です。
こんなに頻繁に法事をやって浪費するなら、お墓を立てて、参りたい人だけ参って、法事など、何年も経っているのだから、盆の年1で良いはずです。
確かに今更ですが。
もう、半分も残って無いでしょう。
葬式の時に「相続の話もした!」と言いますが嘘っぱちですね。
既に、犯罪者“モトヒ〇”に使い込まれた後だし「仏壇を引き取ってくれ」と言う話は出ましたが、場所が無いので断っただけです。
後の法事の時に「本当は預かっているお金を、アンタに預けて管理して欲しいんだけど」と言う話は出ましたが、それも丁重にお断りしています。

ぶっちゃけ相続なんかどうでも良いから、ババア(鬼母)が無断で自分から盗んだアルバムの写真や、社会人になって自費で1万円出して買った高校の卒業アルバムを返せや!ゴルァ(゜Д゜)」
つか、“卒業アルバム”すら“経済的理由”以外で買って貰えない家庭って、我ながら何なんでしょうね?

そして、とうとう助っ人の叔父さん登場です。
従妹が自分に暴言を吐いた時、必ず走って叔父さんの後ろに逃げる様に、この人達は普段は叔父さんの悪口や暴力をくっちゃべりますが、結局の拠り所は“暴力”なんですね。
電話に出るなり「何なんか!?」喧嘩腰怒鳴って来ますが、もう慣れました。

昔は1発殴られないと、弱虫モードから抜け出せませんでしたが、もはや“殴られた年季”が違います。(そんな年季、積みたくはありませんが)
あの人は“弱者(女子供)に対する一方的暴力”に長けてるに過ぎません。
一応、格闘術も学んでいましたが…それは余り関係無いです。
簡単な方法ですが、相手より体力が上なら、手を出さずとも数分凌いで、相手が疲れた所を取り押さえる…それだけです。
チンピラ1人に、しつこく絡まれて逃げられない状況なら実践してみて下さい。(本当は相手にしないで、穏便に済ませるのが一番ですが)
殴られてあげる必要はありません。
間合いの外に居れば良いのです。(目さえ慣れれば、案外間合いの中でも余裕ですが、掴まれる可能性もアリなので、投・極・折などが出来ない人は止めるべきでしょう)
勝手に暴れ、勝手に疲れてくれます。
包丁などを取り出したら、万が一があるので、素直に逃げましょうw
余裕がある人は、付かず離れずで逃げて、走り疲れた所を取り押さえれば良いでしょう。
つか、今の身体の痛みの方が、殴られるよりよっぽど酷いし「もう勝手に殴りたければ殴れば?」って心境です。(ドーパミン出たら、少々の痛みなんて感じないし)
もはや、失うモノの方が少ないし、どーでもええわ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

ちょっと、叔父さんに過去、つまらない事で、胸倉を掴まれて殴られそうになった事もあり(胸倉を掴まれた時点で、変形の“胸落とし”が出来ますが)、しょうもないウンチクなんぞ垂れてしまいましたが(すいません…が役に立てれば幸いです)、この時は(ついさっきだけど)冷静に順を追って話をします。
自分「叔父さん、前に“一生で最期のお願い”と言って法事に誘いましたよね?」
叔父「それがなんか!?」
自分「今回、叔母さんに誘われましたよ」
叔父「そりゃ、母さんか勝手にやった事!」
自分「自分が虐待を受けた…」
叔父「前に聞いた!」
自分「…事を前提にですね、その時、金輪際誘わないで下さいと言いましたけど」
叔父「お前は何が言いたいんかっちゃ!?」
自分「それで、今日電話したのは、何で可哀想と言っている人間が、霊体供養しかせず、お墓を立ててあげないのかって事です。100万あれば、土地と墓石は、近所で買えます」
叔父「何で今更そんな事言っとんじゃ!?お前にそんな事言う資格なんか無いじゃろうが!!
自分「自分はどうでも良いです。資格の問題じゃ無く、貴方達の対応についての疑問です」
ここから「維持費はどうすんか!?」とか間抜けな事を言うので、お祖母ちゃんの土地でも永代料金25万円で済む事とか、墓石全て込み49.8万からある事とか何とか伝えようとしますが、完全に火病ってます。(公営墓地は永代料金5万円でした)

とうとう叔母さんに代わり直し
叔母「今ね、イライラしちょるけぇ、また別の叔母さんが来た時に話して!」
自分「もっと論理立てて話をしましょう。これくらいでイライラしてたら精神病の自分より酷い状態…」
叔母「じゃあね」
自分「あ、意味が分からないなら一旦メモした方が…」
電話「プープープープー」

一番マトモだと思っていた親類でしたが、中身は他の親類と一緒でしたね。
ババア(鬼母)が、どう扱われようと知った事じゃ無いけれど「墓も無くて可哀想」って言ってたの、叔母さん本人ですよね?
それが今じゃ、“頼まれただけ”“アカの他人”“私だって面倒”“アンタ墓立てて!”って、ちょっとおかしく無いですか?
こっちの病状が悪化する程、嫌がらせの様に法事に強制参加させて、“何もしてない”とか、“お前に資格無い”とか…別に、行使するつもりは無いけれども“遺産相続”で、主張出来るくらいの権利はありますが。
その時、どう使おうが文句も言わさせなくも出来るし、犯罪者“モトヒ〇”については、窃盗で訴える事も出来ましたが、こちらは刑事・民事共に時効ですね。
ただ、最期の慈悲で、ババア(鬼母)キチンと弔って欲しいってのが願いだったのですが、それすら果たされないので、ちょっと「アンタら(口ばっかりで)人としてどうなん?」と言いたくなったのです。

 



今日、何故こんな電話をしたかは、親類の考え方を改めさせたかったのと、ババア(鬼母)との関係(親類共々)完全に断ち切り、前(未来)を向こうと思った為。
18年間もの間、“殺す”と言われ続け、“誰がアンタを喰わせてると思ってるんじゃ!”と嫌みを毎日毎日言われましたが、実は自分の養育費は、全て“お祖母ちゃん”です。
ババア(鬼母)は、そこからお金をくすね取り、ママーミートスパゲティーのみの生活で、高校時代だけでも2回“脚気にさせられています。
まあ、こんなんでも幼少のネグレクトによる“飢餓”に比べれば、遥かにマシなのですが。(記憶しているだけでも、児童相談所の人と思われる方々が訪れたのが3回あります)
自分の生い立ちは、酷過ぎて“本”になってしまうので、控えめにさせて貰ってますが、こうやって少し話そうとしても、長文になりそうなので、この辺で止めます。

そして、無き友人に対して連絡が付かず、今年になって初めて“死”を知り、せめて線香だけでも上げさせて貰おうと思った事がキッカケです。

自分を心から思ってくれてた友人お祖母ちゃん、そして夜の仕事で会う事も無く、顔を合わせれば、嫌がらせをする(幼少時はビンタが挨拶)のババア(鬼母)…どちらが大切かなんて分かりますよね。
分からない人は、とても幸せな家庭で育ったんだと思います。
凄く羨ましいです。(自分には母親の愛情とやらは、想像でしか分かりません)
自分の自営が、本格的に軌道に乗って、これから更にチャンスがあちこちから到来していた時期に、その自営を捨ててまで結婚を選ぼうとしたのは、多分温かい家庭とやらに憧れてたのだろうと、大失恋をして、こっち(山口)に戻った時に思いましたね。

 



自分を含め、心の卑しい“人でなし”の話で、すいません。m(._.)m
って、結構“悪人”のネタばかりって!?

ホトラ

煽られた時の正しい対処法(ネタ有)

とりあえず、今日は“ネタ”だけの紹介をします。

いや~、今のバイクになって、煽られたのは1回くらいですが(前も詰まっているのに煽るアホ)原付の時は、余りに酷かったですね。
つか、当てられてたし

“そんな煽られてお困りの貴方に朗報!”
この方法ならば、もうその人からは二度と煽られる心配はありません。
では、ご覧下さい。

www.youtube.com
って「こんな事出来るか―!!」って方が、ほとんどでしょう。(やったら犯罪)

しょうがないですねぇ。
じゃあ、ちゃんとした記事も載せましょうw

www.youtube.com

これは、一般的な対応方法ですね。
とにかく、相手にしない事です。
バイクの場合、さっさと左に寄って(安全確認してから)抜いて貰いましょう。
避け様がない道で、極端なベタ付けをする人ならば、もうよその道に変えましょう。
後から元の道に戻れば済む事です。
事故るより、こちらの方が時間は掛かりませんし、DQNに常識は通じません。

www.youtube.com

こちらは、意外とマジです。
教習所の先生も効果を認めてらっしゃいました。
本当に装着するのが、理想的です。
まあ、周南警察の場合、ドラレコの証拠を持って行っても、相手にしてくれるかどうかは甚だ疑問ですが…(教習所の先生は、例えナンバーを控えて周南警察署に持って行ったとしても相手にしてくれないと言ってました)
そして、バイクは特にそうですが、普通のドライバーの方も、警察のあらぬ因縁に対処する事が出来ます。
何回も言って来ましたが、奴らはノルマの為なら、法も犯し、嘘も平気で吐き、冤罪もいとも思わない「公営ヤクザ」です。
絶対に、奴らを罰する「第三者機関」が無いとダメでしょう。
そして、警察に対する罰則を、今より遥かに重くしないとダメです。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

また、貯金の取り崩しになりますが、自分もドラレコの購入を検討しています。
もう、冤罪不当な取り締まりにはこりごりです。
これに関して例を挙げると、またまた長文になるので、これまた次の機会にしましょう。

 



ブログ更新が止まってて、本当にすいません。

体調がマジヤバな上に、やる事がてんこ盛り過ぎてパニックです。
こう書くと軽く感じますが、本当にマジです。
“本当にマジ”って“頭痛が痛い”と同じぐらいアホな文言ですねw(自分のアホ発言を敢えて残します)
まあ、体調については、9日に精神科に行った時に、すぐに内科に行けと言われたので、そこで血液検査と点滴を受けました。
結果は盆明けですが、感覚的に“慢性肝炎”で倒れた時よりも悪いので、結果が相当悪いのは当然ですが、どこまで悪いかが心配ですね。
軽くても、当面は点滴治療を続けないとダメでしょう。
そして、意識の混濁や喪失が、肝臓から来るものじゃ無く、精神科で貰った薬の副作用なら良いのですが…ヤバイ薬は飲んで無いので可能性は低いし、中枢神経だったとしても問題だし…まあ、くよくよ考えても仕方無いので、こちらは“不眠が原因”と言う事にしましょう。(爆)

とか言いつつ、10日には無謀にも栄養ドリンクやビタミン剤など飲みまくり、強引に友人とカラオケに行って“熱唱”し、次の日はグッタリ動けない程のバカをやってますが、やっぱり、何をやるにも精一杯やりたいのです。
弱音愚痴もこぼしますが、それを理由に妥協はしたくないって言う“厄介な性格”をしてると、自分でも自覚はしてるのですが。(;¬_¬)

ってな訳で、またブログ更新が滞ったらすいません。m(._.)m

ホトラ

ブログ更新は、少しお待ち下さい

また、体調の悪化と、精神から来る異常行動(大量の衝動買いや、忙しくして自分を追い込む自傷行動)、更に極度の不眠と意識の混濁でかなりしんどい日々を続けてます。
少しづつ、改善しつつあるので、しばらくお待ち下さい。

つか、このブログを読んで下さってる人なんて居るのか!?

ホトラ

どいつもこいつも その2

 

flapflappy2.hatenablog.com

すいません、この話の更新が遅れてしまいました。

5/22、仮見積りを渋る業者ばかりで嫌気が差し、ワンコイン(500円の簡易検査)で、見積もってくれると言う「パソコン工房」へ直接持ち込みする事にしました。
山口市なので、原付で行くにはかなりの距離ですが、そこは気合と根性でカバーと言う事で。
悪徳詐欺業者「オープンリペア」曰く、マザーボードの交換」が必要と言う事でしたが、ボタン電池の消耗とかだったら、それの交換だけで済むので値段が全く違います。
マザーボードの交換」をやたら持ち出して、高めの見積りでキャンセル料をせしめるのも、奴らの常套句です。
実際、壊れているかも知れませんが、確かめてみる価値はアリです。
Google Map」で経路を何度も確認し、丁度行く途中にくら寿司 防府店もあるので、そこでお昼する事にして、早朝から出発です。



ゴミ捨て苦情

出掛ける前に、ゴミ捨てに出ると、例のおじいさんの「怒りの注意書き」が。
もはや、犯人は「韓国留学生」を名乗る不法滞在のチョン共と分かっているのですが、奴らにモラルなど存在しません。
駐車場にすら、ゴミを捨てる連中なので、一人一人突き詰めて「恫喝」するしか手はありません。
これは、文化の違いでしょう。


韓国の給食の様子日本の給食の様子
日韓の給食事情(左:韓国・右:日本)

これが、実態です。
冗談でも誇張でもありません。
しかし、彼らはトコトン腐っているので、人のゴミ袋を漁り、ハガキを見つけては自分達の不法投棄のゴミ袋に入れて、睨みを効かせている「暇なおじいちゃん」をたばかって、自分に罪を擦り付けていました。
何度か、身に覚えのないゴミ袋が洗濯機の上に置かれていたり、終いにはその「暇なおじいちゃん」が激高して、自分のポストに殴り書きのゴミの分別を強要する様な文書を送り付けた事もあります。(その時の写メも撮って置けば良かったですね)
そもそも、ゴミ処理業者が運ぶまでは、個人のモノなので、漁る行為自体が「違法」だったり、実はゴミ処理業者は、ほぼ全てのモノに関して、リサイクルなどしていません。
全て燃やしています。
高温で燃やす方が経費が掛からないからです。
これは、国と強制と業者の完全な癒着なのですが、それは次回に「社会の裏」として書きましょう。
まあ、調べれば、すぐに分かりますよ。
決まりは、決まりなので、当然守ってはいますが、実は意味がありません。

おかげで、チョン対策に「シュレッダー」を買う羽目にもなったし、去年は、隣のチョンの騒音苦情をエイブル司支所」に言った時には「証拠がいる」からとボイスレコーダーまで買わされました。

他にも、一昨年くらいは、クーラーのガスが無くなって、エアコンが効かなくなった時に、本来ならば「家主負担」なのですが、慣例で「家主・借主の折半」のはずですがエイブル司支所」は、全て自分に請求しようとしました。
「これは酷い」と見かねた工事業者の人が「司支所」「家主」に連絡を入れて下さって「家主」の方は、快く承諾してくれた様ですが「司支所」は、その場では了承したフリをして、後日、意味不明の名目「料金」を請求して来ました。
トコトン「クズ」「卑怯」です。

一番悪いのは、民族的モラルハザードを起こしているチョンには違いないのですが、それを野放しにしている徳山大学エイブル司支所」(他のエイブルは親切丁寧ですので、誤解の無い様に)の怠慢でしょう。

と、出発すらしてませんが、まだ脱線します。m(._.)m

その205号室の彼氏の車が、この日も無許可で1階の事務所が契約している駐車場に停めてありました。
何故、そう断定出来るかと言うと、何度もやっているので、自分も搭乗している姿を目撃しているからです。
そして、事務所の人が、余り利用して無いからと図に乗ったチョンが、契約主とバッティングしたのが、自分の知るだけで3回目の時でしょうか?
とうとう、中間管理会社のエイブル司支所」に連絡した様です。

違法駐車のチョン仕方なく他所に停めさせられている契約業者
水色の車が違法駐車のチョン・黒の車が仕方なく他所に停めさせられている契約業者

 

業者直接の抗議「エイブル司支所」による警告
左が業者直接の抗議・右が「エイブル司支所」による警告

この件に対しては、早急に対応しているので良いのですが、それ以前に自分が、205号室の住人最低でも5人で暮らしていて、時折友達も引き連れてドンチャン騒ぎを起こしているから、今のうちに手を打たないと大変な事になるとエイブル司支所」に注意喚起しました。(契約上1人以上で暮らすのは不可)
ところが「もちろん多人数で暮らしてはならないと言う契約ですが、週3・4日で遊びに来ていると言われたら、どうしようもない」などとほざいたのです。
「自転車の撮影でもダメですか?」と尋ねると「自転車だけじゃ~ね」
「…じゃあ、アンタ達で調べろ!!それが仕事だろうが!!」と言いたくなります。
こんなクソバカ発言を言うのは「司支所」だけです。
この時、バイクのミラーイタズラされている事も伝えたので、それはピタリと無くなりましたが。(犯人は205号室のチョンだと証明されたも同じですね)
くれぐれも、他の「エイブル」が、こんな非常識だと思わないで下さい。

大阪の「エイブルは、急な上、一番安い所と言う無理な条件をキチンと探してくれて、今住んでいるトコよりは、ホンの少し狭いけれど、チョンの迫害やトラブルなども無く、建物の作り自体は、今よりよっぽどしっかりしていたし、出て行く時も「こんな部屋だからいいよ、いいよ」と現状回復の料金すら無料でした。
大阪に行ったら、また同じ物件に住みたいです。
ちなみに、全て込みで3万です。
実質、こちらと大差ありません。
ただし、風呂がありませんが。
どうせ、拒絶反応と言うか、発作が起きるので、今は身体を拭く事しか出来ないので、関係ありません。(銭湯自体、近くにありましたし)

そして案の定、奴らは増長しました。
「軒下を貸したら、母屋まで取られる」と昔の人が朝鮮人に対して警戒していたのが良く分かります。
その一例が、この駐車場乗っ取りです。
自分の意見を聞いて、少しでも「退去」をチラつかせれば、この被害は無かったはずです。
これはエイブル司支所」の怠慢が招いた結果です。

状況が前後しますが、帰宅して来た時には、チョンの車は移動していて、黒の業者の車が元の位置に戻っていました。
ただし、チョン無反省です。
わざわざ、駐車場にペットボトルを置くと言う、低能のクソガキ行為をしていた様で、業者の人が、どかした形跡が見られます。

集団生活チョンのチャリと違法駐車注意の腹いせのペットボトル

後日(バイクを買い替えた後)に、自分の駐車場にも、チョンの溢れかえったチャリで囲まれる事になりますが、まあ、大した事じゃ無いので、良いでしょう。
さすがに、新車のバイクに寄り掛かっていた時は、腹も立ちましたが…

205号室の不法入居チャリに囲まれる205号室の不法入居チャリに寄り掛かれる

そして、車の撮影をしている時に、向かいの家のおばあさんが様子を見に来ました。
「ここは、1階の業者の契約している駐車場なのですが、徳大の留学生が良く無断で停めているんですよ」と説明すると「ホントにあいつらは、礼儀がなっとらんね!」と憤慨していました。
真正面に住んでらっしゃるし、そりゃ、かなり色々迷惑を被っているのでしょう。
ドンチャン騒ぎをすれば、モロに聞こえますしね。
自分も、警察を何度か呼ぶ程に酷かった時期もありますが、もちろん近所の人達だって、同じ事をしているのです。
しかし、警察は「民事不介入」で、やっても注意のみです。
何かあってからでは遅いのですが「周南警察」は、在日に金品を奪われても、被害届すら受理しない「能無し・極悪・税金泥棒」なので、打つ手無しです。(警察の事実は、後でたんまりと言います)

プリプリしているおばあさんを後に、ようやく出発です。



バイパスの道を走っていると、赤いビッグスクーターを見つけました。
その少し前方に、キープレフトも守らず、車線をまたぎながら走ると言う迷惑行為をし続ける「白バイ」(周南か新南陽か知りませんが)を発見。
…イヤな予感しかしません。
なので、白バイからは距離を置きます。
そしたら案の定、赤いビッグスクーターにイチャモンを付けている様です。
見た限り…と言うか、微塵も彼は違反をしていません。
むしろ「白バイ」違反行為を繰り返してました。
ドラレコがあるなら撮っているところです。
信号が「赤」だったので、じっくり観察してましたが、もちろんビッグスクーターの彼は、身振り手振りで主張していますが「ノルマの為なら危険を犯し、法律すら破る」のが「白バイなど警察組織」の特徴です。
相手がバイクで無ければ、何も無かったでしょう。
要するに「弱者いじめ」がしたいだけなのです。
それが原付だけで無く、まさかビックスクーターにまで及ぶとは思いませんでしたが。
こんな「公営ヤクザ」に権力を持たせておくのが間違いだと思いますが、全くもって「無実」の彼はそのまま左の道へと誘導されました。
自分は直進なので、その後の事は分かりません。

しかし、これが後々のフラグになろうとは…



もちろん、途中では「煽り・幅寄せ」などをくらい、危ない目にも遭いましたが、ワザと当てて来る車は無かったし(本来は傷害)、地図の道通りに進んだので、中継点であるくら寿司に無事に来る事が出来ました。

くら寿司 防府店
防府店|くら寿司 ホームページ

営業時間の11時より15分早く着いたので、水分補給の為にコンビニに寄って飲み物を買い、もう一度ルート確認をしました。
いよいよ入店の時に、通された席で「うなぎのセール」が全席に置いてありました。

くら寿司のうな丼値引セール

寿司屋さんなので、うなぎ自体の質は良いのです。
ですが、タレがマックスバリューのタレ並に酷いので、頼む時はタレ持参です。
ここは、アレやコレや、サブメニューに力を入れ過ぎです。
肝心の寿司のメニューは減っているし、大好きな「トロサーモンの軍艦巻は、関東限定になりました。(昔と同じ味とは限りませんが)
5/22の話を、今頃書いているので、何を食べたかまでは全部把握してませんが、「イワシ」「かにみそ」「茶碗蒸し」は、定番なので食べてます。
鉄火巻」も定番ですが、この日は色んなのが食べたかったので、すぐにお腹が膨れるのはパスです。
もう5皿で腹に結構キテますが、後2皿冒険をしました。(大げさ)

くら寿司チャレンジネタ

左が前に食べ損ねた「生シラス」で、右が限定(?)の「ワサビつぶ貝」です。
「生シラス」は、正直イマイチ…
「ワサビつぶ貝」は、想像よりイマイチ…
前回の「うなぎの肝軍艦巻は、焦げてるし、苦いだけの酷いネタでしたが、まあ、それよりはマシって程度で、もう二度と頼まないでしょう。

本日の成果

こうして、苦しいくらいに食べてしまったのですが、実は体重が4kgも増えて、今は67.5kgもあります。
前ほどの筋肉量があればベスト体重ですが、今は毎日10km走っている訳でも無く、筋力トレーニングをする訳でも無く、むしろ運動が嫌になっています。
なので、当然鈍りきっています。
これは、病気のせいなのでしょうが。
病気による弊害の数々も、今度書きましょう。



散々脱線を続けていますが、次で「どいつもこいつも」を完結する予定です。
いや~パソコン工房の道のりは遠いです。(言い訳)
もちろん、次に書く内容が変更になる事もあります。
ネタが多いモンで…どうもすいません。m(._.)m

ホトラ