だめぽ人の日記

とにかく書きたい事を書きます

どいつもこいつも その2

 

flapflappy2.hatenablog.com

すいません、この話の更新が遅れてしまいました。

5/22、仮見積りを渋る業者ばかりで嫌気が差し、ワンコイン(500円の簡易検査)で、見積もってくれると言う「パソコン工房」へ直接持ち込みする事にしました。
山口市なので、原付で行くにはかなりの距離ですが、そこは気合と根性でカバーと言う事で。
悪徳詐欺業者「オープンリペア」曰く、マザーボードの交換」が必要と言う事でしたが、ボタン電池の消耗とかだったら、それの交換だけで済むので値段が全く違います。
マザーボードの交換」をやたら持ち出して、高めの見積りでキャンセル料をせしめるのも、奴らの常套句です。
実際、壊れているかも知れませんが、確かめてみる価値はアリです。
Google Map」で経路を何度も確認し、丁度行く途中にくら寿司 防府店もあるので、そこでお昼する事にして、早朝から出発です。



ゴミ捨て苦情

出掛ける前に、ゴミ捨てに出ると、例のおじいさんの「怒りの注意書き」が。
もはや、犯人は「韓国留学生」を名乗る不法滞在のチョン共と分かっているのですが、奴らにモラルなど存在しません。
駐車場にすら、ゴミを捨てる連中なので、一人一人突き詰めて「恫喝」するしか手はありません。
これは、文化の違いでしょう。


韓国の給食の様子日本の給食の様子
日韓の給食事情(左:韓国・右:日本)

これが、実態です。
冗談でも誇張でもありません。
しかし、彼らはトコトン腐っているので、人のゴミ袋を漁り、ハガキを見つけては自分達の不法投棄のゴミ袋に入れて、睨みを効かせている「暇なおじいちゃん」をたばかって、自分に罪を擦り付けていました。
何度か、身に覚えのないゴミ袋が洗濯機の上に置かれていたり、終いにはその「暇なおじいちゃん」が激高して、自分のポストに殴り書きのゴミの分別を強要する様な文書を送り付けた事もあります。(その時の写メも撮って置けば良かったですね)
そもそも、ゴミ処理業者が運ぶまでは、個人のモノなので、漁る行為自体が「違法」だったり、実はゴミ処理業者は、ほぼ全てのモノに関して、リサイクルなどしていません。
全て燃やしています。
高温で燃やす方が経費が掛からないからです。
これは、国と強制と業者の完全な癒着なのですが、それは次回に「社会の裏」として書きましょう。
まあ、調べれば、すぐに分かりますよ。
決まりは、決まりなので、当然守ってはいますが、実は意味がありません。

おかげで、チョン対策に「シュレッダー」を買う羽目にもなったし、去年は、隣のチョンの騒音苦情をエイブル司支所」に言った時には「証拠がいる」からとボイスレコーダーまで買わされました。

他にも、一昨年くらいは、クーラーのガスが無くなって、エアコンが効かなくなった時に、本来ならば「家主負担」なのですが、慣例で「家主・借主の折半」のはずですがエイブル司支所」は、全て自分に請求しようとしました。
「これは酷い」と見かねた工事業者の人が「司支所」「家主」に連絡を入れて下さって「家主」の方は、快く承諾してくれた様ですが「司支所」は、その場では了承したフリをして、後日、意味不明の名目「料金」を請求して来ました。
トコトン「クズ」「卑怯」です。

一番悪いのは、民族的モラルハザードを起こしているチョンには違いないのですが、それを野放しにしている徳山大学エイブル司支所」(他のエイブルは親切丁寧ですので、誤解の無い様に)の怠慢でしょう。

と、出発すらしてませんが、まだ脱線します。m(._.)m

その205号室の彼氏の車が、この日も無許可で1階の事務所が契約している駐車場に停めてありました。
何故、そう断定出来るかと言うと、何度もやっているので、自分も搭乗している姿を目撃しているからです。
そして、事務所の人が、余り利用して無いからと図に乗ったチョンが、契約主とバッティングしたのが、自分の知るだけで3回目の時でしょうか?
とうとう、中間管理会社のエイブル司支所」に連絡した様です。

違法駐車のチョン仕方なく他所に停めさせられている契約業者
水色の車が違法駐車のチョン・黒の車が仕方なく他所に停めさせられている契約業者

 

業者直接の抗議「エイブル司支所」による警告
左が業者直接の抗議・右が「エイブル司支所」による警告

この件に対しては、早急に対応しているので良いのですが、それ以前に自分が、205号室の住人最低でも5人で暮らしていて、時折友達も引き連れてドンチャン騒ぎを起こしているから、今のうちに手を打たないと大変な事になるとエイブル司支所」に注意喚起しました。(契約上1人以上で暮らすのは不可)
ところが「もちろん多人数で暮らしてはならないと言う契約ですが、週3・4日で遊びに来ていると言われたら、どうしようもない」などとほざいたのです。
「自転車の撮影でもダメですか?」と尋ねると「自転車だけじゃ~ね」
「…じゃあ、アンタ達で調べろ!!それが仕事だろうが!!」と言いたくなります。
こんなクソバカ発言を言うのは「司支所」だけです。
この時、バイクのミラーイタズラされている事も伝えたので、それはピタリと無くなりましたが。(犯人は205号室のチョンだと証明されたも同じですね)
くれぐれも、他の「エイブル」が、こんな非常識だと思わないで下さい。

大阪の「エイブルは、急な上、一番安い所と言う無理な条件をキチンと探してくれて、今住んでいるトコよりは、ホンの少し狭いけれど、チョンの迫害やトラブルなども無く、建物の作り自体は、今よりよっぽどしっかりしていたし、出て行く時も「こんな部屋だからいいよ、いいよ」と現状回復の料金すら無料でした。
大阪に行ったら、また同じ物件に住みたいです。
ちなみに、全て込みで3万です。
実質、こちらと大差ありません。
ただし、風呂がありませんが。
どうせ、拒絶反応と言うか、発作が起きるので、今は身体を拭く事しか出来ないので、関係ありません。(銭湯自体、近くにありましたし)

そして案の定、奴らは増長しました。
「軒下を貸したら、母屋まで取られる」と昔の人が朝鮮人に対して警戒していたのが良く分かります。
その一例が、この駐車場乗っ取りです。
自分の意見を聞いて、少しでも「退去」をチラつかせれば、この被害は無かったはずです。
これはエイブル司支所」の怠慢が招いた結果です。

状況が前後しますが、帰宅して来た時には、チョンの車は移動していて、黒の業者の車が元の位置に戻っていました。
ただし、チョン無反省です。
わざわざ、駐車場にペットボトルを置くと言う、低能のクソガキ行為をしていた様で、業者の人が、どかした形跡が見られます。

集団生活チョンのチャリと違法駐車注意の腹いせのペットボトル

後日(バイクを買い替えた後)に、自分の駐車場にも、チョンの溢れかえったチャリで囲まれる事になりますが、まあ、大した事じゃ無いので、良いでしょう。
さすがに、新車のバイクに寄り掛かっていた時は、腹も立ちましたが…

205号室の不法入居チャリに囲まれる205号室の不法入居チャリに寄り掛かれる

そして、車の撮影をしている時に、向かいの家のおばあさんが様子を見に来ました。
「ここは、1階の業者の契約している駐車場なのですが、徳大の留学生が良く無断で停めているんですよ」と説明すると「ホントにあいつらは、礼儀がなっとらんね!」と憤慨していました。
真正面に住んでらっしゃるし、そりゃ、かなり色々迷惑を被っているのでしょう。
ドンチャン騒ぎをすれば、モロに聞こえますしね。
自分も、警察を何度か呼ぶ程に酷かった時期もありますが、もちろん近所の人達だって、同じ事をしているのです。
しかし、警察は「民事不介入」で、やっても注意のみです。
何かあってからでは遅いのですが「周南警察」は、在日に金品を奪われても、被害届すら受理しない「能無し・極悪・税金泥棒」なので、打つ手無しです。(警察の事実は、後でたんまりと言います)

プリプリしているおばあさんを後に、ようやく出発です。



バイパスの道を走っていると、赤いビッグスクーターを見つけました。
その少し前方に、キープレフトも守らず、車線をまたぎながら走ると言う迷惑行為をし続ける「白バイ」(周南か新南陽か知りませんが)を発見。
…イヤな予感しかしません。
なので、白バイからは距離を置きます。
そしたら案の定、赤いビッグスクーターにイチャモンを付けている様です。
見た限り…と言うか、微塵も彼は違反をしていません。
むしろ「白バイ」違反行為を繰り返してました。
ドラレコがあるなら撮っているところです。
信号が「赤」だったので、じっくり観察してましたが、もちろんビッグスクーターの彼は、身振り手振りで主張していますが「ノルマの為なら危険を犯し、法律すら破る」のが「白バイなど警察組織」の特徴です。
相手がバイクで無ければ、何も無かったでしょう。
要するに「弱者いじめ」がしたいだけなのです。
それが原付だけで無く、まさかビックスクーターにまで及ぶとは思いませんでしたが。
こんな「公営ヤクザ」に権力を持たせておくのが間違いだと思いますが、全くもって「無実」の彼はそのまま左の道へと誘導されました。
自分は直進なので、その後の事は分かりません。

しかし、これが後々のフラグになろうとは…



もちろん、途中では「煽り・幅寄せ」などをくらい、危ない目にも遭いましたが、ワザと当てて来る車は無かったし(本来は傷害)、地図の道通りに進んだので、中継点であるくら寿司に無事に来る事が出来ました。

くら寿司 防府店
防府店|くら寿司 ホームページ

営業時間の11時より15分早く着いたので、水分補給の為にコンビニに寄って飲み物を買い、もう一度ルート確認をしました。
いよいよ入店の時に、通された席で「うなぎのセール」が全席に置いてありました。

くら寿司のうな丼値引セール

寿司屋さんなので、うなぎ自体の質は良いのです。
ですが、タレがマックスバリューのタレ並に酷いので、頼む時はタレ持参です。
ここは、アレやコレや、サブメニューに力を入れ過ぎです。
肝心の寿司のメニューは減っているし、大好きな「トロサーモンの軍艦巻は、関東限定になりました。(昔と同じ味とは限りませんが)
5/22の話を、今頃書いているので、何を食べたかまでは全部把握してませんが、「イワシ」「かにみそ」「茶碗蒸し」は、定番なので食べてます。
鉄火巻」も定番ですが、この日は色んなのが食べたかったので、すぐにお腹が膨れるのはパスです。
もう5皿で腹に結構キテますが、後2皿冒険をしました。(大げさ)

くら寿司チャレンジネタ

左が前に食べ損ねた「生シラス」で、右が限定(?)の「ワサビつぶ貝」です。
「生シラス」は、正直イマイチ…
「ワサビつぶ貝」は、想像よりイマイチ…
前回の「うなぎの肝軍艦巻は、焦げてるし、苦いだけの酷いネタでしたが、まあ、それよりはマシって程度で、もう二度と頼まないでしょう。

本日の成果

こうして、苦しいくらいに食べてしまったのですが、実は体重が4kgも増えて、今は67.5kgもあります。
前ほどの筋肉量があればベスト体重ですが、今は毎日10km走っている訳でも無く、筋力トレーニングをする訳でも無く、むしろ運動が嫌になっています。
なので、当然鈍りきっています。
これは、病気のせいなのでしょうが。
病気による弊害の数々も、今度書きましょう。



散々脱線を続けていますが、次で「どいつもこいつも」を完結する予定です。
いや~パソコン工房の道のりは遠いです。(言い訳)
もちろん、次に書く内容が変更になる事もあります。
ネタが多いモンで…どうもすいません。m(._.)m

ホトラアイコン